開放型熱交換システムのため、凍結による事故がない。
ワンパスで約20℃の温度差が得られる。
構造がシンプルなため機器トラブルが起きたとしても、迅速な修理対応が可能。

システム特徴

氷を形成させないで0.5℃~1℃の冷水が生成可能な画期的なチラーシステム。
OMAチラーは、水を上部に設けられたディストリビューターから垂直に取り付けられた特殊冷却プレートの両面に流下させます。
水が薄い膜状になって冷却プレート上を流下するため、非常に高い冷却効果を得ることができます。
上から下への1回の通過で最大温度差(20℃→0.5℃)冷却が可能で、しかも冷水出口温度は0.5℃~1℃が得られるのが最大の特徴です。

システム写真

内部側面写真

操作用画面写真

導入用途(食品関係)
乳業・製菓・製パン・飲料・冷食・食鳥食肉加工・製麺・豆腐・漬物・水産加工・加工食品・練り製品
酒造・惣菜加工・カット野菜等

他チラーとの比較


OMAチラー(プレート式) 汎用チラー
(シェルアンドチューブ式)
最低出口水温 0.5℃~1℃ カタログ上は5℃
実用上は7℃~8℃(循環式)
冷却温度の幅 ワンパス(1通貨)で約20℃の温度差が得られる。 カタログ上は5℃差
凍結による事故 熱交換器(プレート)が開放式なので万一凍結しても問題はない。 凍結防止装置は設けてあるが、万一凍結した場合は大事故につながる。
衛生上の問題 熱交部分及び外板部は、オールステンレス 熱交部分の材質は銅合金、その他腐食され易い材料が多い。
洗浄の容易性 熱交部分及び外板部は、オールステンレス 熱交部分の材質は銅合金、その他腐食され易い材料が多い。

冷水供給システム 選定パターン


システム図 特徴
A型 共水等20℃位の水を流入させ、連続的に1℃~3℃の水として流下します。負荷に使用された冷水は排水となる。
B型 負荷で温度上昇した冷水を返水して、必要な冷水温度に要冷却し、負荷に循環供給する
C型 待機時間、設置環境等の関係でリザーバータンク内の水温が上昇する心配がある場合には温度保持回路で自冷し、対応する。

導入事例


食品工場冷水チラー

食品工場冷水チラー

OMAチラー導入事例を下記ページでご紹介しております。

導入事例ページへ

納入先一覧


納入先 冷水温度条件(入口→出口) 流量 方式 冷水
乳製品製造業 10℃→3℃ 330L/分 浸水方式 コンベア 循環
豆腐製造業 5℃→1℃ 200L/分 浸水方式 コンベア 循環
豆腐・豆腐加工食品製造業 4℃→1℃ 310L/分 浸水方式 コンベア 循環
天然調味料他食品製造業 10℃→5℃ 233L/分、208L/分 浸水方式 コンベア 循環
フードサービス業 吉川工場 7.6℃→1℃ 150L/分 浸水方式 循環
即席麺類他食品製造業 埼玉工場 18℃→2℃ 40L/分×2 浸水方式 一通過
即席麺類他食品製造業 関東工場 22℃→0.5℃ 45L/分 浸水方式 一通過
即席麺類他食品製造業 石狩工場 22℃→0.5℃ 57L/分 浸水方式 一通過
冷凍食品製造業 25℃→2℃ 95L/分 浸水方式 一通過
冷凍食品・缶詰他製造加工業 35℃→4℃ 23L/分 浸水方式 一通過
生麺・茹麺・蒸麺製造業 17℃→1℃ 116L/分 浸水方式 一通過
冷凍食品他食料品製造業 18℃→2℃ 175L/分×2 浸水方式 一通過
麺類・関連食料品製造業 5.2℃→1℃ 300L/分 浸水方式 循環
食鵜飼育・処理加工・販売業 19℃→0.5℃ 190L/分 浸水方式 一通過
カップスープ製造業 群馬工場 5℃→3℃ 400L/分 牛乳タンクジャケット冷却 循環
チルド食品製造販売業 17℃→0.5℃ 37L/分 浸水方式 コンベア 一通過
ハム他食品製造業 小野工場 18℃→0.5℃ 30L/分 浸水方式 一通過
パン、菓子他製造業 3℃→0.5℃ 140L/分 浸水方式 循環
タマゴ加工品製造業 御殿場工場 1.67℃→0.5℃ 3336L/分 浸水方式 循環

お気軽に
お問い合わせください


本社 〒425-0036
静岡県焼津市西小川2-11-12
関東オフィス 〒143-0016
東京都大田区大森北3丁目42-1
メゾンシミズ2F 202号室
054 629 6042

入力必須
入力必須
入力必須
入力必須
入力必須
入力必須

入力必須
入力必須